老人性イボ原因!脂漏性角化症や老人性疣贅の原因のまとめ

更新日:

病院の医者

老人性イボの原因は紫外線やスキンケア不足などが大きく関係をしています。

紫外線を浴び続けることによって肌はダメージを帯びてしまいます。また、肌の老化にもつながることになります。それが老人性イボの原因へとつながっていくことになります。

老人性イボは別名で老人性疣贅や脂漏性角化症とも呼ばれています。

更にぽつぽつと沢山ある突起していないのはアクロコルドン・イボ状に突起しているのをスキンタッグ・サイズが大きくて目立つのは軟性線維腫と分類がされます。

ここでは老人性イボと呼ばれる脂漏性角化症や老人性疣贅の原因について詳しく解説をしていきます。

老人性イボ・脂漏性角化症・老人性疣贅の原因

老人性イボ(脂漏性角化症や老人性疣贅)の大きな原因は角質が関係をしています。特に紫外線によるダメージが影響をしています。

紫外線を浴びることによって肌は老化をしてしまい、肌機能が低下をしてしまいます。そのため、角質を剥がす働きやターンオーバーの乱れを生じます。

肌機能が低下をすることによって、肌が日々行っている皮膚の不要な角質を剥がす働きが上手く行われなくなります。結果、皮膚に角質が付着したままとなります。この不要な角質がイボ状に突起をしたりして、アクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる老人性イボとなります。

老人性イボは黒いのも多いですが、その原因は紫外線による刺激によってメラニンが作られることです。メラニンが皮膚に付着して黒ずみとなってしまうためです。

原因のまとめ

    紫外線による肌のダメージが原因
    皮膚に付着したままの角質が老人性イボへ
    色が黒いのであればメラニンの色素沈着

老人性イボは20代・30代・40代でも発症する

老人性イボは年寄りイボとも呼ばれますが、名前から老人だけが発症すると勘違いをしてしまう人も多いです。

あくまで老人が発症しやすいだけで、20代や30代であろうと関係ありません。

老人が発生しやすい原因としては長年紫外線を浴びたり、体内の保湿成分の現象などが関係をしています。歳を重ねるほど肌ダメージも多くなり、肌機能が低下をするので、老人性イボが発症しやすいだけなのです。

そのため、年齢は関係なく発症をするので日々の紫外線対策やスキンケアを行うことが大事となります。

老人性イボケア!原因から分かるケアの方法

老人性イボの原因が角質であることも分かれば、どのようなケアをすれば良いか分かってきます。ただ、老人性イボ用のケアをするようにしていきましょう。

今までのケアをしていて、すでに発症をしてしまっている訳ですからね。

老人性イボを除去したいのであれば、肌力を高め角質を剥がす働きが正常に行われるようにするのが大事です。特にヨクイニンエキスが配合された物を利用しましょう。

老人性イボケア化粧品!ヨクイニンエキス配合

老人性イボのケアに大事と考えられている成分がヨクイニンエキスです。

ハトムギに種子から抽出された成分ですが、ハトムギ茶を飲むと良いと言われたりするのはヨクイニンエキスが配合されているからです。

老人性イボの薬であれば、大きめの薬局などで『イボコロリ内服錠』が販売されています。1箱で2,000円ほどなので1月で6000円ほどとなります。

また、ヨクイニンエキスが配合された老人性イボ用の化粧品もあります。

今までに50万個以上が販売された『艶つや習慣』などの人気の化粧品や2017年だと『クリアポロン』なども利用者も増えています。

薬でも化粧品でも共通して言えることはヨクイニンエキスが配合されていることです。

自宅で老人性イボのケアをするのであれば、老人性イボ用のヨクイニンエキスが配合されたのを利用しましょう。

ヨクイニンエキス配合の薬と化粧品へ

-老人性イボについて

Copyright© 顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬 ! 40代の老人性イボブログ , 2017 AllRights Reserved.