老人性イボの安いケア方法!自宅と病院の料金を紹介

更新日:

治療法を紹介する医者

老人性イボのケア方法としては自宅で行うか病院で行うか2種類あります。また、自宅で行うにしても薬を使うのか化粧品を使うのかにもよって2種類に分かれます。

そのため、老人性イボのケア方法としては全体で3種類となります。

ここでは費用についてそれぞれ詳しく解説をしています。安い治療方法やどの方法にするか検討する人は表にして比較しやすいようにしているのでご覧ください。

自宅でケアする費用!化粧品と薬の値段

自宅で老人性イボをケアするのであれば、化粧品を使うか薬を使うかのどちらかになります。

薬として有名なのであればイボコロリの錠剤です。1箱で10日分の量が配合されています。そのため、1ヶ月の3箱で表に表記をしています。

化粧品に関してはどれを使うかにもよって大きく異なります。2000円から7000円程度と料金の幅は広いです。人気の3種類の化粧品の価格を表記しています。

商品名 価格 内容量
艶つや習慣 2,052円 120g
アプリアージュオイルS 7,582円 40ml
クリアポロン 2,980円 60g
イボコロリ内服錠 6,108円(1ヶ月分) 180粒×3箱

病院で手術をする費用

皮膚科では老人性イボのハサミで切る・液体窒素で除去・薬での治療の2種類の治療が行われています。薬での治療に関しては基本的には自宅での治療と同じ流れとなりますが、どの薬かにもよって値段は異なります。

そのため、ここでは表記をしていません。病院での治療に関してはこの手術の値段にプラスして初診費用や診察費用などが1回2000円程度ぷらすしてかかってきます。

治療費に関しては一回の値段ではなく、老人性イボの数が何個なのかによって変わってくる病院が多いです。

治療方法 価格 何科?
ハサミやメスで切る 1個500円~1000円 皮膚科
液体窒素で取る 1個500円~1000円 皮膚科
レーザーで除去 5個で10,000円 美容皮膚科

レーザー手術に関してはどの病院かにもよって異なってきます。そのため、マグノリア皮膚科クリニックの料金を参考に載せさせて頂きました。

この金額に別途で麻酔の費用が3000円かかります。

老人性イボの安い治療方法!すべての費用を表で比較

老人性イボの治療費用のまとめとして、簡単に見やすいように一覧にして表にしました。

病院での治療に関してはイボの数にもよって大きく異なってきます。ただ、初診費用や診察費用をプラスすると1万円以上することが多いかと思います。

また、治療後に関しては自宅でのケアと同じように化粧品や薬を処方されることも多いので、その金額も別途かかってきます。

治療方法 価格
化粧品によるケア 1個2,000円~7,000円
市販薬を使った方法 6,000円
病院での治療 1万円~(イボの数による)

安い老人性イボのケアは自宅での化粧品

老人性イボといっても方法としては様々な物がありますし、病院やどの薬を使うかにもよって値段は大きく異なってきます。

病院での治療に関してもどの皮膚科へ行くのかやイボの数にもよって値段が異なります。そのため、一概にいくらって金額はないので目安を紹介させて頂きました。

安い老人性イボのケアとしては化粧品を使うことです。

そのため、手間もかからず安いためか人気の化粧品となると累計で50万個以上が販売されていたりするほどです。それだけ多くの人が自宅で老人性イボのケアを行っているのですね。

また、病院で除去をしたとしても結局はイボは取れても原因を解決できている訳ではありません。そのため、再発がしやすいので化粧品や薬を処方されて自宅での同じケアをする必要がでてくるのですね。

安いケア方法である老人性イボ用の化粧品を使ったケアについては下記をご覧ください。
ヨクイニンエキス配合の薬と化粧品

-老人性イボの取り方

Copyright© 顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬 ! 40代の老人性イボブログ , 2017 AllRights Reserved.