顔や首の老人性イボを化粧品でのケア!化粧品の特徴やヨクイニンを解説

投稿日:

化粧品

 

老人性イボは何げなく首に手を当てたときや鏡などを見ることで気づくことが多いです。見た目も悪いし、老けて見えてしまうので早く治したいものですよね。

自宅でのケアとしてはイボ取りクリームと呼ばれたりもする化粧品・杏仁オイル・市販薬を使った方法があります。そして、病院で液体窒素やレーザーでの治療があります。

多くの人に人気がある方法としては化粧品を使って自宅でケアをする方法です。実際に評判となってる艶つや習慣の販売個数だけでも60万個も累計で売られており、多くの人が利用しているのがわかります。

詳しく知りたい人は下記をご覧ください。
艶つや習慣の口コミ体験談!実際に艶つや習慣を使った口コミ

しかし、本当に化粧品を使って効果があるのか気になる人も多いかと思います。
ここでは顔や首の老人性イボを化粧品を使ったケアについて解説をしていきます。

老人性イボ用の化粧品の特徴

顔や首の老人性イボをケアする化粧品の特徴としてはヨクイニンが含まれていることです。

ヨクイニンはハトムギの種子から取ることのできる成分なのですが、老人性イボ用の市販薬や処方薬にほぼ間違いなく含まれている成分です。

ヨクイニンは保水力が高く、新陳代謝を高めるなどの作用が期待できる成分です。

老人性イボの原因は乾燥によるバリア機能の低下した状態への紫外線ダメージやターンオーバーの衰えによって、角質が顔や首に付着したままになってしまうことです。

その為、顔や首の老人性イボをケアする化粧品の特徴として、保湿ができてターンオーバーの促進やバリア機能の改善などが期待できるヨクイニンが含まれています。

市販薬はヨクイニンを凝縮したもので副作用がある

市販薬にもヨクイニンは含まれていると説明をしましたが、ほぼヨクイニンエキスの固まりとも言えます。

首や顔の老人性イボの薬として様々な種類が販売されていますが、多くが配合されている成分を見るとヨクイニンエキスと添加物の2種類となっています。添加物としては様々なものが含まれていますが、肌に良い訳ではありません。

ようするにヨクイニンエキスやヨクイニンの粉末である末を凝縮して、錠剤にしたものが市販薬となっているのですね。

ただ、からだの内側からヨクイニンが凝縮されたのを服用することで副作用の報告がされています。胃の不快感や下痢や肌荒れなどの報告がされています。

化粧品だけでなくイボを取りたいのであれば、ヨクイニンが重要な役目を担っているのですね。

顔や首の老人性イボ用化粧品には2種類のタイプがある

イボ用化粧品にも2つの種類が存在します。

・オイル系のもの
・クリームやジェル系のもの

オイル系のものとして上げられるのが杏仁オイルです。ヨクイニンと同様に保湿効果などが期待できるので、この2種類の成分が重要として考えられています。

杏仁オイルの中でもイボ用として販売されているのだとヨクイニンが含まれているのもありますが、あまり多い訳ではありません。

多くの人がケアとして使っているのがクリームやジェルタイプのものとなっており、ヨクイニンと杏仁エキスの両方とも含まれているのが多いです。その為か効き目を実感できている人も多く、口コミでも評判が良かったりします。

ケアに使うおすすめの化粧品の選び方

多くの化粧品だと安くて良いと評判のもありますが、価格が高いものほど評判が良かったりします。しかし、老人性イボ用の化粧品にはその考えはあてはまりません。

60万個以上販売されている艶つや習慣にしても安くて効き目があったと評判ですし、少し価格は上がりますがクリアポロンなどもそうです。

価格が高いのだと6,000円を超えるようなのもありますが、老人性イボに関しては安くても評判が良いのが多いのですね。考えられる理由としてはどれも重要視している成分はヨクイニンと杏仁エキスの2つだからです。

値段は化粧品にもよって何倍も違ってはくるものの、主成分はこの2種類となっており、ほかの美容成分が異なるのですね。その為かケア用の化粧品としては安くて効果があったと口コミでも評判の物が、利用者も多いです。

人気の化粧品や老人性イボの取り方については下記で詳しく解説をしているので、そのままご覧頂ければと思います。
顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬

-老人性イボの取り方

Copyright© 顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬 ! 40代の老人性イボブログ , 2017 AllRights Reserved.