老人性イボはうつる?お風呂や家族で感染してうつるのか?

投稿日:


イボの中でも勘違いがされやすいのが老人性イボです。

イボと効くとどうしても足の裏などに発症をするウイルス性のイボを思い浮かべる人は多いでです。そのため、父親や母親に老人性イボが発症をすることでうつるのか心配をする人は多いです。

実際に家族の誰かが発症をしたことによって、親族にも同じように発症してしまったなんて人はいます。

しかし、そのように考えてしまうのは老人性イボを正しく理解できていないためです。

ここでは老人性イボが他人や家族にうつるのか解説をしていきます。また、ここを読むことで正しく理解して、どのような治療をしていけば良いのかまで分かるようにしています。

老人性イボは家族にうつる?

老人性イボが家族にうつるかに関してですが、結論から申しと他人に感染することはないので安心してください。

そもそもウイルス性のイボ原因が異なり、他人に感染をそもそもするリスクのあるような症状ではありません。

老人性イボは勘違いをされやすいですが、紫外線を浴びたことなどによって肌力の低下を落とし、角質が付着したままになることで発症をします。そのため、ウイルス性のイボとは違い、黒い芯ができたりざらざらな皮膚になる訳ではありません。

イボ状のスキンタッグやアクロコルドンがポツポツとできる症状となるのですね。そのため、人によって発症がしやすいなどはありますが、そもそもがウイルスではないので、うつって感染する心配はありません。

同じお風呂に入ってもうつる心配はない?

同じお風呂に入るとうつるのか心配をする人も多いです。

ここも先ほど記載しているのと同じように全く心配はありません。そもそもがウイルスではなく、角質が原因となっている為です。

紫外線を浴びたりすることで肌力が低下をして、ターンオーバーの乱れなどによって不要な角質が残ってしまいます。その角質がイボ状となりアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる老人性イボとなります。

自分の角質が他人に付着してイボになるなんてことはありません。そのため、家族で同じお風呂に入ってもうつる心配はないので安心をしてください。

老人性イボがうつるかの結論

  1. 他人にうつることはないので心配なし
  2. 同じお風呂に入っても大丈夫
  3. 原因は角質なので他人にはうつらない

老人性イボのケアに必要なのは角質の除去

老人性イボの原因が角質にあることからも分かるように、大事なのは角質を除去することです。ただ、ピーリングなどだと肌にダメージを与えてしまい、肌力の低下などから再発することもあります。

角質を除去しても根本的な肌の状態の改善をすることができていないですからね。

そのため、老人性イボケアをするのであれば、肌ケアをすることが大事となります。ヨクイニンエキスが配合されたイボ用の化粧品が販売されています。

ヨクイニンエキス配合の薬と化粧品

家族からしたら子供や自分にうつったりしないか心配するものです。その心配はないとしても本人からしたら気持ち悪いですし、気になるものです。

老人性イボのケアをしたいのであれば、ヨクイニンエキス配合の老人性イボ用化粧品でケアをするようにしましょう。

老人性イボについてもっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
老人性イボを自宅で治療する方法

-老人性イボについて

Copyright© 顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬 ! 40代の老人性イボブログ , 2017 AllRights Reserved.