老人性イボの安い治療方法

治療法を紹介する医者

老人性イボができてしまい、見た目にも変ですし、なんとかして治したいものです。
それもどうせならできるだけ安い費用で治したいですよね。

老人性イボを治すのであれば治療方法は4つとなります。

  1. メスなどによって取り除く
  2. レーザーで切除してしまう
  3. 液体窒素で凍らせる
  4. 自宅での治療

この中からどの治療方法を選ぶかになります。それぞれ費用やどんな方法で取り除いていくのか紹介させて頂きます。

老人性イボの治療方法

先ほど上げた4つの治療方法をひとつひとつ詳しくご紹介します。
病院での治療となるのが1番から3番となります。

4つめに関しては自宅で手軽に行えることから非常に人気の高い方法となります。

外科的手術による切除術

脂漏性角化症の範囲が狭ければ液体窒素やレーザーで治療する事ができますが範囲が大きい場合は対処が難しいので外科的手術になり、また病理検査が必要な場合も患部をメスで取り除きます。

切除後、手術のあとが残らず治っていくのに約2週間程度かかります。

レーザーによる切除術

イボ等ができてる部分に、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を照らし赤外線領域の光を発生させることで細胞を蒸発させ、脂漏性角化症を切除します。

レーザー治療は患部の状態により、調整が可能なため緻密な治療ができるので顔面など繊細な部分に適しています。

液体窒素による凍結療法

液体窒素を患部にあてることで細胞組織が凍結されカサブタができ、1~2週間過ぎるとカサブタが取れることで脂漏性角化症も取り除かれていきます。

凍結療法は状況におおじて、数回の治療が必要になる事がありますが手軽に出来、麻酔などもする必要がないので多くの方が治療されています。

でも、炎症をおこしたりすれば瘢痕を残す可能性があるので顔面の治療は行われません。

自宅での治療

この中でも特に安いのが専用の化粧品を使った方法となります。

老人性いぼの原因は肌のターンオーバーが低下したことにより角質が垢と一緒にはがれ落ちなかったためにできた角質の塊です。

そのため、肌のターンオーバーを促すことで角質を落としてしまうのですね。

しかし、普通の化粧品を使ってターンオーバーを促すだけでは物足りません。
老人性イボに効果的な専用の成分が配合されたものがあるのですね。

4つの方法の治療費を解説

先ほどあげた4つの方法の治療方法でどれぐらい費用がかかるのかまずは、それぞれ紹介いたします。

・外科的手術による切除術

「¥6,000~14,000円」

・レーザーによる切除術

「¥4,000~10,000円」

・液体窒素による凍結療法

「¥6,000~8,000円」

上記3つに関しては治療とは別に診察をしての費用が別途かかり、初診代が3000円程度プラスされます。当日に病院へいって手術をしてくれる訳ではないので、当日はどんな手術をするか決める!
あらためて別の日に手術を行う流れになります。

・自宅での治療
「4000円」

安い方法は自宅での治療

安い治療方法は自宅での治療となります。

自宅で行うのであれば、基本的にはヨクイニンと呼ばれる成分が配合された化粧品を利用することになります。ヨクイニンはイボ取り名人と呼ばれている老人性イボに効果的な成分で角質を柔らかくしてくれます。

他にも保湿成分などが配合されているため、イボをポロリと落とす効果があるのです。自宅で出来て費用も安いことから老人性イボを取り除くのを自分で行う人は非常に増えました。

個人的にもおすすめができる方法となります。

老人性イボ用の化粧品にはどんなのがあるかは下記サイトが参考になるかと思います。ヨクイニン配合の化粧品から口コミが紹介されているので、自宅で治療する方法を選ぶ方はご覧いただければと思います。

首イボ除去

老人性イボ治療薬※化粧品で本当に治るの

化粧品

 

老人性イボは何げなく首に手を当てたときポツポツがあるのに気づき、鏡などを見ることで気づくことが多いです。見た目も悪いし、歳にも見られるので早く治したいものですよね。

治療薬で化粧品が良いとインターネットなどにはよく書いてあります。

でも化粧品で本当に治るのだろうかと思っていませんか?

そう思うのは当然だと思います。化粧品は肌の保湿、衰え、なめらかさ、新陳代謝などの
ケアに効果があります。でも、治療の効能はないんではないかと思っているんではないでしょうか?

老人性イボ専用の化粧品が販売されています。イボ専用化粧品にはイボ対策の有効成分「ヨクイニン」や美容成分「ヒアルロン酸」なども配合されているので
治療しながら、肌のケアも同時にすることができます。

実際に利用した人で効果があったという人は多いです。評判のいい化粧品だと5年、6年と人気があるので、10万個以上販売されているようなのまであるのですね。

それでか効果を感じている人も多く、利用者が常に増え続けているんです。

首イボができる原因は紫外線や加齢による老化で肌のターンオーバーが衰えることで、
メラニン色素を取り除くことが弱まりそれが溜まってシミやイボになります。

ターンオーバーの乱れによって角質が固まり、それが色素沈着して、色が黒くなっていたりするのですね。

化粧品を利用することでできてしまったシミやイボの患部に直接有効成分を塗ることができるので、治療効果が期待できます。

面白いようにポロッと取れてしまうのですが、首イボが取り除けたからといって安心できません。

治っても肌の状態が変らずそのままにしていれば、また嫌なブツブツがあらわれてきてしまします。安心することができなおい

病院で治療をし、治ったので気にかけずにイボのための
ケアはしていなかったら、また再発したと聞くことがあります。

その為、治ってもその後のケアが大事なんです。

イボ専用化粧品は治療だけではなく美容成分も配合されている為、
プラス、肌のケアもするので効果があり再発も抑えるようにしていきます。

化粧品には2種類のタイプがある

イボ用化粧品にも2つの種類が存在します。

・オイル系のもの

・クリームやジェル系のもの

オイル系のものは乾燥した肌に保湿を与え、新陳代謝を高めるようにします。
また、浸透性がよく肌を柔軟にしてブツブツを垢のように落としていく効果が有ります。

入浴後や肌を清潔にして患部にオイルを塗るんですが、蒸したタオルをイボの部分に
少しの時間あててると肌が柔軟になりより効果があがります。

クリームやジェル系のものは、漢方薬にも使われているイボに良いとされる
ヨクイニンや美容成分が配合されています。

肌を清潔にしクリームやジェルを患部に塗りマッサージするようにのばしていく
だけで良いんです。治療だけど化粧感覚で行えます。

毎日塗ることで、硬くなったブツブツを柔らかくしてポロリと取り除く効果があり、
美容成分も入っているので保湿、うるおい、ハリなども実感でき肌のスキンケアが可能になります。

市販薬で治療しても効果があらわれなく、イボ専用化粧品で本当に治せるのかと、
思っている人は一度使ってみてはいかがですか!?ケアも同時に行えるのでおすすめです。

おすすめはヨクイニン配合のジェルタイプになります。病院で処方される薬や市販薬には必ずヨクイニンが配合されているのですが、角質を柔らかくする効果があるので、ポロっと取れやすくできます。

老人性イボ市販薬は薬局やドラッグストアで販売してるの?

薬

 

鏡を見ていたら老人性イボが首に出来ているのに気づく人は多いです。

不潔そうですし、見た目もよくないので治したいと考える人は多いです。
ただ、病院へ行くのも面倒なので大抵の人はまずドラッグストアの市販薬を探しにいきます。

老人性イボに効き目のある薬でドラッグストアで販売しているのはイボコロリ内服錠になります。

イボに効き目のあるヨクニインエキスが配合された内服錠です。
体の内側から有効成分を摂取することで治すのですが、デメリットがひとつあります。

それは効果があらわれるのに時間がかかるってことです。

有効成分を摂取したからといって、イボの患部のみに直接効果があらわれるわけではありません。
からだ全体を改善していくことになるので、そんなにすぐに変化があらわれることはないのですね。

また、イボコロリ内服錠のような市販薬は一つの症状に特化した薬ではありません。
幅広く効能があるように作られているので効果は薄くなると考えている人もいます。

市販薬以外にも老人性イボとも呼ばれる角質が固まったイボに効果的な方法はあります。

自宅での治療方法は他にもある

自宅で治療するのであれば、老人性イボに効果がある化粧品があります。

イボコロリ内服錠のような市販薬みたいに、いろんな用途に効果があり
体の中から時間をかけて治していく治療ではありません。

老人性イボ専用に作られたクリームやジェルで直接患部に塗って治していく化粧品です。

クリームやジェルには硬くなったポツポツを柔らかくするハトムギから抽出された、
ヨクイニンエキスや美容成分なども配合されているので肌のケアも同時に行う事が出来ます。

入浴後や肌を清潔にした後、老人性イボができてる部分にジェルを直接ぬることで
患部に浸透しポロリと落とす効果があり痛みもなく痕も残りません。

病院でのレーザー治療などと違い、すぐに取れてなくなる事はないですが、
毎日ケアすることで肌のポツポツが早い人では2週間ほどで効果があらわれたと言う方もいます。

また、老人性イボは肌の角質が原因なので手術等で取り除けても、
肌の状態が同じであれば繰り返しできることがあります。

病院で取り除けたとしても後に再発してまたできたら治療したのが無駄になりますよね。

その為、毎日のケアが大事なんです。

専用のクリームやジェルだと塗ることで治療だけではなく再発予防のケア効果もあります。

今は、病院に何度も通うんではなく自宅で同時に肌のケアもでき
手軽な、クリームやジェルで治療をする人が多いです。

老人性イボ原因から分かる予防方法

病院の医者

 

老人性イボは40歳頃からでき始め、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも言います。
老人性イボが出来る原因としてのい一番の原因は紫外線の影響と加齢によるものです。

紫外線にあたると、皮膚の真皮まで紫外線がいかない様に皮膚の表皮でメラニン色素を作り紫外線をくいとめます。
ターンオーバーをする事によりメラニンは角質と共に垢になり皮膚から取り除かれるのです。

でも、歳をおうことで肌の新陳代謝が衰えメラニンを取り除く力が弱まりそのため取り除けなかったメラニンが蓄積されてシミになります。
シミにも何種類か有りますが、シミの中で多いのは紫外線を受けて出来たシミで老人性色素班とも呼びます。

老人性色素班は変化する事もあり、盛り上がったり、硬くなり表面がザラザラしてきたら脂漏性角化症になった可能性も有ります。
これが老人性イボとなるのですね。

肌が、長年紫外線を受けることにより起こる光老化(紫外線による皮膚の老化現象)も原因です。

シミやシワになるのは、光老化の影響で皮膚が厚みをましてでてきますが長年紫外線を浴びてきたダメージで角質が硬くなる脂漏性角化症も光老化の影響でなると思われます。
脂漏性角化症は40代の人でも若い年代から、外での仕事などで紫外線を多く浴びる機会が多かった人はでき始め、80代になるとほぼ全員の人にみられます。

老人性イボと聞くとお年寄りの方特有の症状だと思いがちですが、10代の若い人にも現れることもあり、また遺伝性もあるのではと言われています。

老人性イボの予防

一番の予防は紫外線にあたらない事ですが、家から出ずに紫外線を完全に浴びないというのは無理なので紫外線対策を十分にしましょう。

■紫外線対策

外に出かけるときは、日焼け止めクリームなどを塗り帽子などをかぶり、首など太陽があたりやすいとこなので首元にも気を使うことにより脂漏性角化症の予防にもなります。

■肌のケア

保湿を十分におこなうことで、肌の乾燥を予防し紫外線が肌に浸透するのを防ぎます。
シミが出来るのを防ぐのには美白化粧品を塗りメラニンの生成をおさえたり血行を良くすることで予防になります。

また、老人性イボに限らず注意しなければいけないのは、飲みすぎ、タバコ、日ごろのストレス睡眠不足などは、肌に悪いので注意しましょう。
食事も、ビタミンC、Eをとる事で肌に良い影響を与えます。

予防で大切な事は、老人性イボが出来てなくても予防的に前もって肌のケアを行い、脂漏性角化症になるのを防ぐことです。
治療をしても老人性イボの原因を取り除いて、しっかりと予防ができていないのであれば、思ったほどの効果は得られません。

治療しながらずっと老人性イボができようとし続けているのです。
きちんと予防を行いながら老人性イボを除去していくのが大事となります。

老人性イボを病院で治すには何科?皮膚科それとも形成外科?

病院のナース老人性イボができたけど、何科にいけば良いのかなと思っている方が多いです。

老人性イボは肌のターンオーバーが衰え、メラニンが蓄積されてできた皮膚のトラブルなので皮膚科で治療できます。
皮膚のトラブルで良性腫瘍なので治療しなくても体に害はありませんが、見た目が悪く気になるので取り除く人は多いです。

また、治療しなくても害はありませんがそのままにしているとイボが大きくなったり、増えてくることもあります。

大きくなると目立つし、増えてからだと治すのにも日にちがかかるので早めに治療する人が多いです。
老人性イボの除去方法は下記の四つになります。

・液体窒素で除去する

・レーザーで除去する

・外科的手術で除去する

・内服薬で除去する

老人性イボを皮膚科で除去する4つの方法

■液体窒素で除去

患部に棒のような物の先を液体窒素で凍らせ、イボに直接あて除去するんですが低温火傷を起こさせるので痛みを感じることがあります。

■レーザーで除去

患部にレーザーをあてイボを除去します。ブツブツとなっている部分に焦点をあてれるので肌の負担も少なく治療痕も残りにくいです。

■外科的手術で除去

イボの大きさや、他の腫瘍の疑いがあり病理検査が必要な場合は外科的手術になり、患部を浅くメスで除去します。手術後2週間ほどで傷痕もわからなくなり治していきます。

■内服薬で除去

内服薬にはイボに良いといわれるハトムギの種の殻を細かくして乾燥させたヨクニンが、配合されていてそれを飲むことで除去していきます。
飲み薬なので傷や痛みがないのがメリットになります。

必ずしも皮膚科ではない

老人性イボは良性腫瘍なので、皮膚科では薬での治療で切除するような外科的な事は、おこなわない所もあるので、その場合は形成外科か美容外科になります。

でも、病院での治療はイボを除去する事を目的に行なわれ、取り除ければその後の予防まで行うわけではありません。
老人性イボは肌が同じ状態であれば、またできてくる事があるので除去してもその後のケアが重要になります。

病院に行くのは面倒で嫌だと思う人は、自宅で手軽に治療ができるイボ専用の化粧品があります。

ヨクニンや美容成分が配合されたジェルで、患部に塗ることで醜いブツブツが取り除かれその後のケアも同時に行うので衰えた肌の状態も良くなり再発の予防にもなるので化粧品での治療をする人が増えています。

病院での治療が面倒だと思う方は、イボ専用化粧品をためしてみれば良いんではないでしょうか。